Jalan Jalan

マレーシア、タイから発信するアジアお気楽情報サイト

家電売り場で

今日は某日系メーカーへのプレゼン資料作りの下調べでカミさんとホームセンターと大型家電量販店に行ってきた。
店員と話すとき、一人より夫婦の方が客感が出るからね。

まあ、ヨドバシカメラみたいな日本の量販店の店員と違うので、

「このブランドの強みとか特徴は何ですか?」

「商品に貼ってあるこの『100%○○○!』の意味は何ですか?」

「このブランドとあのブランの違いはどんなところですか?」

などと質問してもほとんど答えられない。

むしろ機能やベネフィット的なことよりも、「こっちのが安いからこっちの方がいい」という勧め方ばかり。

これでは各ブランドがいろんな研究開発しても売り場ではほとんど役に立たないんだね。

秋葉原の店員とか聞いてて圧倒されるし、惚れ惚れするからね。

アジアの人たちは売り場の店員に聞いてもさしたる情報は得られないことを熟知しているので、60%以上の人は事前にオンラインでレビューや企業サイトで情報収集や比較をしてある程度購入銘柄を決めてから来店する。

こんな背景を踏まえて、これからマーケティング戦略を作る。

SNSでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top