Jalan Jalan

マレーシア、タイから発信するアジアお気楽情報サイト

マレーシア渡航

オイラもカミさんも7月29日でワクチン接種の日時が確定した。
まだ1ヶ月以上あるけど接種の遅れている東南アジアのタイで見通しが立ったことは評価したい。(アストラゼネカ はいろんな国が「どうぞどうぞ」になってるから余っているのかね(笑))

でもそのアストラゼネカ を打っている当の英国が劇的に感染抑制に成功して、保留していたドイツも使用を再開ということだし、要は素人の風評よりきちんと結果を見定めるということが大事だよ。

最近は身近な知人友人からも「接種終わった」という報告を耳にするようになったし、きっとここからの進捗は早いんだろう。

昨日マレーシアのスタッフといろいろ確認したのだけど、オイラのマレーシアでの就労パスがイミグレで承認されるのが7月なかばの見込み。
それから60日以内にパスポートへのエンドースメントを行わないと無効になる。
つまり、9月なかば。
現時点ではマレーシアロックダウンのため、バンコク〜クアラルンプール間のフライトはない。
物理的にタイからマレーシアに移動することができないのだ。

こんな状況でもマレーシアのイミグレが何かしら特例措置を講じてくれる可能性はゼロに近いとマレーシアのスタッフも言う。
もし8月の入国が叶わなければ、今までの更新手続きは無に帰し、再度最初から申請し直しとなる。
手続き費用だけの問題ならば飲み込めるのだが、再申請が承認されない可能性がある。それがマレーシアなのだ。

1991年から30年間、第二の故郷としていつも身近にあって月の半分は滞在していたマレーシアが今はとても遠く感じる。

SNSでシェア

2 ツッコミ “マレーシア渡航

  1. マレーシアのワークパミットの基本姿勢は外国からの技術移転です。
    同じタイトルのワークパミットで10年経過すると「お前の技術移転はまだ終わらないのか」とチェックが入ることもありえます。
    20年、30年同じタイトルでのワークパミットを持っているとチェックが入る可能性も高くなると思います。
    そちらの対応も考えておいたほうが良いと思います。
    ちなみに私のワークパミットは10年以内で終了し、その後は別の会社でのワークパミット、つまりタイトルが変わっています。これを繰り返して4社の日系企業の雇われ社長を勤めたわけです。これだと技術移転云々の問題は発生しません。

    1. >kaobal
      なるほど、技術移転ね。まあ、それもあってIT業界の場合はイミグレの前にMDECというデジタル庁が業務内容の審査をするんだよね。ITは技術自体はどんどん変化、進化するから技術の内容には審査が入らない。それよりも「どのくらいそれって金になってるの?」の方に審査が入るんだよね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top