Jalan Jalan

マレーシア、タイから発信するアジアお気楽情報サイト

10番の重み

PK戦を引き摺って「ひと言」に気が回りませんでした。すみません🙇‍♂️
PKって誰も蹴りたがらない中での立候補制なんだね。
特に最初と最後は勝負の分かれ目になるので誰もが敬遠する。
誰も手を挙げない時間が過ぎる中で、「僕やります」「1番か5番で」って言い出した南野はすげぇ奴じゃないか。
外してしまった彼は最後までピッチから立ち上がれないほど慟哭していたけれど、人として立派だよ。

「南野、なんで10番着てるんだ」

なんていう批判を目にするが、オイラは彼こそ10番に相応しいと思うよ。(背番号10はいわゆるサッカーでのエースナンバー)

さて、話は変わって、先週末、「タイ在住長い組」の飲み会があって参加してきた。

この人たちはもう日本に帰らないのだろうか? 人のことは言えないけどw

SNSでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top