Jalan Jalan

マレーシア、タイから発信するアジアお気楽情報サイト

「体力の限界」とは?

Kaobalさんが配信しているメーリングリストがあるんだけど、そこに「体力の限界」に関する記事が出て、自分の今後と重ね合わせて興味深く読んだ。
その記事の終盤に以下のような、病院での医師との会話の記述があるんだけど(個人情報部分は編集済み)

「そのあと病院内でドクターに
無理と無理しないの境界はどこ?と尋ねてみました。
答えは簡単明瞭でした。
「心拍数」です。人間の心拍数は
{220ー年齢}= 最大許容心拍数
です。ここまで行くと死亡の恐れがある。
私の場合はこの数字より下の例えばXXXが「無理・無理でない」の境界点と言える。つまり自分の心拍数を観察することで無理なのかまだもう少しいけるのかが分かるということです。
まさに私が知りたかった「限界」が数字で表されたのです。

この後すぐKaobalさんは心拍数が表示される腕時計を購入したそうだが、
オイラもカミさんも今ネットでどれがいいかと物色している。

備えあれば憂いなしだ。

SNSでシェア

5 ツッコミ “「体力の限界」とは?

  1. 「体力の限界」続き
    心拍数が測れる腕時計を買ってテスト中、RM139.00。
    心拍数140や150ってな数字がバンバン出てくる。
    150ってもうとっくにご臨終の数字。
    実際自分の脈を測ってみると60前後。
    テスト以前の問題。
    さすが中国製。
    腰を据えて心拍数を測れる計器(腕時計)を探してみることにしよう。

    1. >kaobal
      そうそう、あまりにも価格に幅がありすぎて、また使わない機能もありすぎて、何を選んだらいいのか未だに決定できないでいた。中国製恐るべし。数値が信頼できなければ計測する意味もない(笑)

  2. でも、こんなの自転車で山登ってると、いつも超えてますね
    追い込むと180まで行きますwww
    人間、そんなに簡単には死なない

  3. でも、こんなの自転車で山登ってると、いつも超えてますね
    追い込むと180まで行きますwww
    人間、そんなに簡単には死なない

    このまさやんのコメントに興味あります。
    検索から得た情報では人間の最大心拍数は220-年齢となっており、40歳の人の最高は180となります。
    この数字にどの程度の幅があるかは知りませんが仮に±10あたりとしてまさやんなら180はありなのかもしれません。
    検索からわからないのは最大心拍数に達したら(それ以上あがらないとしたら)その後どうなるのか? ここら辺が分かりません。
    「死亡の恐れがある」とは私が勝手に想定しただけで、そうでないかもしれません。が、そうでない場合はどうなるのかはしっかりと知りたいところです。
    今そこら辺をあっちこっち探し回っています。
    情報見つかったらまた報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top