山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (59才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”と
"J Brothers"の総監督、BKKソフトボールリーグ"おぼんこぼん"の監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在29年目 / 在19年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2019年05月21日(Tue) マスターズ水泳

三連休だった昨日の月曜日は泳いだ。

ここのところほぼ毎日会社から戻ってから泳いではいるのだけど昨日は午前も午後も泳いだ。

泳ぎ続けているせいで次第に水に乗って泳いでいた水泳部時代の感覚を思い出し、距離が伸びてきた。

まだまだノリさんの「2000m一気」までは戻らないが、それでも100mごとにはぁはぁ言っていた体が、「1000m一気」に泳いでもはぁはぁ言わなくなった。

だんだん体が戻ってくると競泳をしたいなと思えてきてバンコクに「マスターズ水泳大会」がないかどうかググってみたけど見つからなかった。

そもそも水泳人口が少ないんだからマスターズなんてないか。

日本のマスターズでは90代の選手もけっこういて、60代なんてまだまだ若手の様相だ。

長く続けられるスポーツはいいね。

とりあえず当面の目標は「2000m一気」でノリさんに追いつく。

本日のリンク元 | 131 | 2 | 1 |

2019年05月19日(Sun) JJスポーツ発行

今日は先月のソフトボールの試合、JalanJalan対SOEM戦のJJスポーツを発行した。

日刊JJスポーツ第5回戦(対SOE戦)号

先週のリーグ最終戦、JalanJalan対Team S戦はまだ手が回ってないよ。

近々発行するよ。

先週は1週間の中にKLやミャンマー出張などが立て込んでいて長く疲れる1週間だったからほんとは何も考えずに心身休めたいんだけど、プライベートはプライベートでいろいろ溜まってて大変なんだな。

昨日がヴェサックデーの祝日で月曜日が振替休日の3連休ってのがせめてもの救いだよ。

明日はね、少し写真を撮りに出かけたい。

本日のリンク元 | 165 | 3 | 2 | 1 |

2019年05月18日(Sat) 肥満のDNA

4歳になる娘の長男の春貴は最近肥満傾向にあり、周りから

「デブデブだね」

と言われるものだからだいぶ気にしているようで、わざわざ赤ん坊時代の小さなスプーンを持ち出して

「これで食べる。デブデブにならないように」

とか

「おやつ、いらない。デブデブになるから」

と、健気なことを言って涙を誘う。

日の食生活を管理しているカミさんもおやつや炭水化物の摂取を気にしながらやっているのだが、なぜかどんどんデブデブになっていく。

これは現在NHKでタモリと山中博士でやっている「シリーズ人体 遺伝子」でその理由がわかった。

遺伝子DNAにはオン・オフのスイッチがあることが最近の研究でわかった。

そもそも体質でなくても、親が食べ過ぎて肥満にだった子供は親の肥満のDNAスイッチが入ったままの精子から遺伝して、孫の代まで普通の食事で肥満になってしまうというのだ。

この間離婚が成立したあの男だ。

娘がどんなに食事管理をしても

「わいの楽しみ奪うんかい!」

と食べ続けてデブになったあの因果が子に報い、4歳児におやつを我慢させるなんてオイラはもう不憫でならない。

なんとかこのDNAスイッチをオフにしてやれる方法はないだろうか。

本日のリンク元 | 131 | 1 |

2019年05月16日(Thu) 深夜のイミグレ

ミャンマーからバンコクに着いたのは夜11時近かった。

そんな時間にも関わらずイミグレは長蛇の列。

オイラの会社はタイの外国投資委員会(BOI)の審査を通ってBOIステータスという優遇指定を受けているので、イミグレではプライオリティレーンを利用できる。

ゆえにイミグレの列に並ぶ必要はないのだが、昨日に限ってこのプライオリティレーンがクローズされていた。

仕方なく列に並んでジリジリと歩を進めて20分ほど経ったところでプライオリティレーンが開いた。

オイラと娘は列を抜けてプライオリティレーンに並ぶ。

自分の番までたったあと2人という優遇特権を一気に獲得し、1cmずつ前進している一般大衆に別れを告げて気分が良かった。

すぐに自分の順番になる。

ところがどうも担当官が手間取っているようでなかなかオイラのパスポートにスタンプが押されない。

担当官が他の監督官を呼ぶ。

「おいおいおい・・ 早くしておくれよ」

だんだんイラついてきたオイラの顔を見て若い女性の担当官は(ちょっと日本語が喋れるようで)

「ちょと待てください。ごめんなさい」

と顔の前で合掌した。

オイラはすぐに無理やり笑顔に戻し

「いえいえ、大丈夫デスゥ〜」

と嘘をつく。

そのうち5人ほど集まってきてモニター画面を見ながら喧々諤々している。

と思っていると、彼らは明らかにイミグレ係官ではない男性を呼ぶ。

「ひや〜これは参ったな〜」

と思っていると、女性担当官は再びたどたどしい日本語で

「新しいコンピューター。システムが新しくなりました。ごめんなさい」

と言った。

うーん、システムの不具合だったのかー。

それで呼ばれたのはスタンばっていたシステム会社のエンジニアなんだな。

大きなシステムだからサポートするのは当然だけど、こんな深夜までご苦労なことだ。

そしてこのシステム会社のエンジニアはイミグレ担当官たちからめちゃくちゃ怒られている。

つくづくこのエンジニアは気の毒だが、もう30分はここで待たされているオイラも気の毒だ。

別れを告げたはずの一般大衆はほぼイミグレを通過し、オイラが別れを告げられてしまった。

本日のリンク元 | 243 | 4 | 1 | 1 |

2019年05月15日(Wed) 完熟フレッシュ

今日は朝一でマレーシアからミャンマーに飛んで、ヤンゴン空港でバンコクから来た娘と合流。

ミャンマー最大手のビール会社にプレゼン。

プレゼンに参加したクライアントのメンバーは20人近く。

もはやちょっとしたセミナーレベルで、クライアントへのプレゼンでは過去最多参加人数記録かも知れない。

聴いてくれる人数が多ければ多いほど上手くプレゼンができるオイラとしては最高の舞台で、気持ちがどんどん乗ってきた。

娘もネイティブ英語で自分のプレゼンパートを無事こなし、日本人経営陣とミャンマー人スタッフたちの気持ちをガッチリとつかんだ手応えがあった。

さながら

「父娘漫才・完熟フレッシュ海外版」

だ。

でも、空港のラウンジでビールで乾杯すると日帰りミャンマー出張の疲れがドッと出た。

今日はまだ週半ばかぁ・・・

本日のリンク元 | 38 |

過去のひと言
2019年
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)