山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (60才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”と
"J Brothers"の総監督、BKKソフトボールリーグ"おぼんこぼん"の監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在29年目 / 在19年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2019年12月31日(Tue) セビリヤの奇蹟

晦日の昨日は朝からセビリアの町を散策しながらカフェで朝食。

念願のチュロス&チョコレート。

揚げたてサクサクのチュロスはそのまま食べても美味しいが、とろとろのホットチョコレートに浸して食べるとそれはもう桃源郷。

朝食後は腹ごなしにブラブラと歩きながらスペイン広場へ向かう。

スペイン広場に到着し、お上りさんのようにあちらこちら写真を撮っていたら横から

「Junさん!」

と声をかけられた。

見ると、バンコクの友人家族たち。

彼らのインスタでアンダルシアに旅行に来ていることは知っていて、お互いのアンダルシア周遊ルートは異なっていてもこの2日間だけ偶然のセルビア同時滞在ということはダイレクトメッセージで情報交換していた。

向こうも

「セルビア滞在中にJunさんを見つけた人には賞金」

がかかっていたらしい。

まさかバンコクからはるかかなたのスペインで、その中のセビリアで、ピンポイントのスペイン広場の午前11時40分に見事遭遇するとは奇蹟である。

彼らが午後にバルに飲みに行くというので店情報だけ送ってもらって別れた。

こちらはそろそろお腹が空いたのでこちらもセルビアNo.1のパエリアを食べたい!と店まで行ったのだが、ここスペインのランチタイムはだいたい2時ごろなのでいつもなかなかありつけない。

スペイン人は通常、朝食をチュロスやパンでとり、11時ごろに軽くサンドウィッチを食べ、午後2時にしっかりランチ。午後はシエスタでお休みし、夕方6時ごろに少し食べ、それから店の開く夜9時くらいから夕食をとる。

だからオイラのタイミングで店に行っても飯が食えないのだ。

それでもしばらく待っているとセビリアNo.1のシーフードパエリアが出てきた。

気絶しながらだったので時間がかかったが一粒残らず美味しかった!

さて、今日は大晦日。2019年はほんとに歳男らしく波乱万丈、内容の濃い1年だった。

来年に向けての明るい芽が出始めているのできっと2020年はもっと素晴らしい年になるだろう。

みんな、今年もJalanJalanしてくれてどうもありがとう!

どうぞ良いお年を!

そして来年もよろしくねーー!

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

過去のひと言
2019年
12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)