山森 淳(Jun Yamamori
生年月日 1959年7月4日 (59才) 趣味 写真
生まれ/育ち 香港(3才迄)/東京 杉並(西荻窪) ーツ 水泳(浜名湾流古式泳法、平泳ぎ)、テニス、スキー
ロードバイク、KLソフトボールリーグ ”JalanJalan”と
"J Brothers"の総監督、BKKソフトボールリーグ"おぼんこぼん"の監督
家族 妻、一男、一女 マレーシア歴
/ タイ歴
在29年目 / 在19年目
Twitter "@YamamoriJun" Facebook "Jun Yamamori"



★☆ 今日のひと言 ☆★

2019年04月25日(Thu) 和食との関わり方

夕食会ということで、マレーシアからの出張者(日本人とマレーシア人)と、ウチのスタッフ(日本人2人とタイ人2人)の6人で日本食屋に行った。

こういう構成で行くとテーブル上がカオスになるのがアジアあるあるである。

日本人は酒肴としてシェアをしやすい

枝豆、だし巻き玉子、ポテトフライ、串焼きなどを注文するが、タイ人、マレーシア人らは

「みんなでシェアしながら食べましょう」

と言いながら

カツ丼、ざる蕎麦、鳥照り焼き丼などを注文する。

それでほんとにカツ丼をみんなでつついたり、ざる蕎麦のツユ椀を回しながらズルズルズルーっとやるのである。

この辺の食文化はまだなかなか理解が進まないが、味覚に関しては大きく融合してきた。

オイラがマレーシアに赴任したての頃は、日本のカレールーで作ったカレーライスをマレーシア人たちは誰も食べられなかった。

「うゎ、甘っ!Jun、ごめん、これはカレーじゃない」

と顔をしかめた。

それが今やタイでもマレーシアでも日本のカレー大ブームだ。

インド系マレーシア人まで食いに来る。

オイラの会社のマレーシア人ジョンやライも近所の和食屋にランチに行くとほぼカレーライスを食べる。

オイラが食べても正しいニッポンのカレーの味だ。

ひと世代で完全に味覚も食文化も変わるのだ。

このオムカレーはオイラも大好きなランチメニューで、彼らの鉄板ランチ。

だけど、大柄なフライドチキン5個乗せはオイラにはとても食べられない。

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

過去のひと言
2019年
4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


Modified by JalanJalan時差
Modified by JalanJalanRSSとATOMフォーマット
(No./)